自動車保険の選び方について

自動車保険商品による違いを紹介します

自動車保険は複数を比較して選ぶべき

保険料と補償金をチェックするべき

自動車保険には自賠責保険という強制保険で必ず加入することが義務となっている保険の他にも、任意の保険があります。その名の通り自由な保険ですか、大半の人が何らかの任意保険にも加入しています。しかし選択肢が豊富にあるので、どの保険商品が良いかで悩んでしまい適当に決めてしまいがちです。しかし保険は、加入する会社や商品により保険料には大きな違いがあるので、よく比較してから決めなくてはなりません。もちろん保険料が安ければ良いというだけではなく、いざという時に支払われる補償金が十分かという点が重要になります。選び方として、対人や対物賠償責任保険は無制限が基本ということも、頭においておきましょう。

保険に加入するとなれば、店頭に足を運び対面して加入するというイメージがありますが、近年ではインターネットを使って簡単に加入することができる、ダイレクト型自動車保険の需要が高まっています。ダイレクト型は、電話やインターネットで簡単に好きなタイミングで自宅からでも申し込めるという点や、対面型とは異なり担当者の人件費が不要になったりと経費削減ができており、その分保険料が安いというメリットがあります。インターネットが苦手という人や、対面で安心感を得たいという時には対面型を選んでおくべきです。しかし同じ補償サービスでも、対面型よりもダイレクト型の方が保険料が安くてお得ということは、選び方と同時に理解しておくようにしましょう。

特約やロードサービスも重要なポイント

主契約に関してはどの保険も内容はそう大差がないケースが多いですが、オプションとして付けることができる特約は、保険会社や保険商品によって強みや特徴に違いがあります。どの程度自動車を利用するのかや、年齢を始めとし人それぞれ必要で適している保険商品には必ず違いがあるので、よく比較してから選ばなくてはなりません。いざという時に役立つロードサービスもチェックしておくようにしましょう。一般的なロードサービスは、ガス欠やパンク、キー閉じこみなどのトラブルはもちろん、トラブルによるレッカー移動や遠方でトラブルの際の宿泊、交通費に対応してもらうことができます。ロードサービスに関しても、保険会社によりサービスの内容は大きく異なるので、よく比較して選ぶようにしましょう。自動車保険の選び方を間違えると、いざという時に役に立たず頭を悩ませることになるので、よく比較し理解してから選ぶようにしておくべきです。

人気記事ランキング