自動車保険を選ぶポイント

自動車保険の選び方で重要な点を紹介しています

自動車保険は複数から見積もりを取って決める

補償内容と保険料をチェックしておく

自動車保険の自賠責保険は必ず加入しなくてはならない強制保険ですが、任意保険は加入は義務とはなっておらず、加入する保険会社や保険商品も自由に決めることができます。加入する際に気になるのは、保険料という人が多いですが、金銭面の違いのみで判断するのではなく、補償内容にも注目しておく必要があります。自動車保険の補償内容は大きく分けると賠償責任保険と傷害保険、車両保険の三つに分けられます。損害賠償が億を超える金額となることもあるので、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険の補償金額は無制限にしておくことが基本となっていることは、頭においておきましょう。保険料を安く抑えようとして、補償金額に制限があるものを選んでしまうと、いざという時に金額が足りず頭を悩ませるということにもなりかねないので気をつけなくてはなりません。

加入方法による違いを理解しておく

自動車保険は直接店舗に足を運んで契約して加入するというのが、一昔前は当たり前でした。しかし近年では、ダイレクト型自動車保険も主流となっており、選び方のポイントの一つとして加入方法を重要視する人も珍しくはありません。直接スタッフと対面して加入する代理店型の自動車保険は、間に保険代理店が入ることになり、申し込み手続きは代理店を通して行うことになります。担当者と話すことができるので、細かいことも説明してもらうことができ、安心感が高くなっています。ダイレクト型の自動車保険は間に代理店が入らず、インターネットや電話で申し込みや契約を行うことになります。担当者と話すことができませんが、代理店型よりも保険料が安い傾向にあるのが特徴です。加入方法から決めるというのも、保険の選び方の一つの手段ではないでしょうか。

スタッフの対応やサービス内容に注目

自動車保険の選び方のポイントとして忘れてはならないのが、スタッフの対応が丁寧かという点です。自動車によるトラブルは、急に起きるものであり深夜や早朝、休日などいつ起きるかわかりません。二十四時間三百六十五日いつでも対応してくれるところを選んでおくことで、急なトラブルが起きた時にも安心できるのではないでしょうか。対応の良し悪しは実際に問い合わせてみないことにはわからないので、電話やメールで問い合わせてみて確認するようにしなければなりません。インターネットを使えば簡単に情報を調べることができ、比較も簡単にでき見積もりも取ることができますが、複数から見積もりを取った後には、直接問い合わせて確認してみることが大切です。

人気記事ランキング